コラム一覧

~S君の軍手~ 5年前の感動メモから

日々、予想もしない場面で、感動したり、気づかされたりします。

中でも、感動したことをずっと覚えていたくて始めたのが、感動メモです。

読み返してみてビックリ、10年が経っていました。

先ほど、ふと、めくったページのメモ(5年前の感動メモ)に再び感動いたしました。

それと同時に、今の自分に必要な気づきがありました。

[S君の軍手]

印刷機を動かすのがS君の仕事。

その傍らで、刷り上がったモノを荷造りする仕事を、せっせと行うパートのおばちゃんたち。

S君は、自分の仕事が空いた時間、そのパートさんの仕事を手伝うようになりました。

パートさんから感謝されることも嬉しくて、手が空いたら、すすんで手伝っていました。

S君の軍手は、すごいスピードで指先に穴が開いてしまいます。

そうなると、総務に新しい軍手をもらいにいくスピードも早くなります。

そのスピードの早さに、パートさんを手伝っていることに気がついた総務の女性社員が、S君に「パートさんをいつも手伝ってくれてありがとう」と、言いました。

その日、S君は「感謝してくれたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました」と、社内のサンクスカードに綴っていたそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP