コラム一覧

職場環境を良くするために必要なことは、心をつかむ‟あいさつ”力

毎朝、出勤時に交わされる「おはようございます」のあいさつ。
同じあいさつコトバなのに、その人の「おはようございます」は、なにかが違う。
なぜか、さぁ、今日も頑張ろうと思わせてくれる、そんな挨拶なのだと話す女性。
他の人のあいさつと何が違うのか、観察してみたところ、飛び切り明るい声であるとか、満面の笑みであるとかではなく、むしろ、その逆・・・。
なんでだろう。
みんなと同じ「おはようございます」だけなのに、こんなにも心地よく、元気に一日をスタートさせてくれるんだろう・・・。
不思議。
その理由が分からないまま、毎朝、その素敵な挨拶に元気づけられていたのだそうです。
あるとき、会社のほかの人たちにそのことを話したところ、、
その理由を知ることができなかったけれど、その会話以降、競うように元気のいい挨拶が飛び交うようになったのだそう。
とても明るいあいさつで職場の朝が活気づいてきたのですが、その人のあいさつは、やはりほかの人とは、なにかが違っている・・・なんだろう?
ところが、ある日、いつものように出勤したときハッと、気づいたそうです。
「誰よりも早く出勤しているその人は、なにをしていても、手を止めて、身体をこちらに向けて、しっかり目を見て‟おはようございます”と、私に向いて言ってくれていたのです。」
と、心をつかむあいさつのヒミツを教えてくれました。
毎朝、ちゃんと心にまで届くように、心を込めてあいさつをしてくださっていた!!
そのことに気づき、嬉しそうに話してくださるその女性の笑顔は、本当にキラキラ輝いていました。
「おはようございます」
毎朝、おひとり、おひとりに、丁寧に届けたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP