コラム一覧

明日からの印象が、驚くほど変わる!!

第一印象、印象形成について話をする際に、必ず登場する有名な学説があります。
アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンの研究、通称「メラビアンの法則」です。
それは、メッセージの送り手が、どちらともとれる内容のメッセージを送った場合、相手に影響を与えるものは何かについて実験したものです。
それによりますと、人は、見た目や表情、態度などの「視覚情報」、声の質や口調、話すスピードなどの「聴覚情報」、話された内容や言葉などの「言語情報」の3つから、相手の印象を判断しようとします。
さらに、メラビアンの研究によりますと、もし「話の内容」と「表情や態度」などに矛盾が生じた場合、多くの人は、話しの内容ではなく、そのほかの情報から得られる部分のほうを重視する傾向にあるということです。
その割合は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、そして言語情報は7%。
つまり、話す内容以外の非言語コミュニケーションが、第一印象を大きく左右する重要なポイントということになります。
「目は口ほどに物を言う」というように、何も語っていないのに、その時の目の表情によって、心のうちを相手に伝えることがあります。
目だけではありません。
姿勢もまた、自分を語ります。
「姿勢は、口ほどにものを言う」です。
姿勢の善し悪しは、それだけでその人の印象を決定づけてしまう要因の一つです。
特に初対面の人と会うときは、背筋を伸ばす、腕組をしないなど、意識しましょう。
見た目が、どう語るのかを意識をすることで、明日からの印象が大きく変わります。
変えることができるのです。 

そうそう、一番大切なことは、自分で変わると決めることです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP