コラム一覧

‟オンラインコミュニケーション“と‟オフラインコミュニケーション”のどちらにも欠かせないもの。それは、「スマイルコミュニケーション」です!

【オンラインとオフライン。非対面と対面。】
コロナウィルスによって、急速に広がりをみせているオンラインによる会議や営業、そして就職活動や婚活、飲み会などなど。
すでに、多くの方が活用されていらっしゃることと思います。
ひょっとすると、活用してみたものの、なんとなくしっくりこない…と、お感じの方もいらっしゃるかもしれません。
“オンライン・コミュニケーション”は、画面上で顔を合わせてはいるものの、いわゆる非対面コミュニケーションです。
コミュニケーションを深めるためには、非対面よりも、断然、対面!
「大切なことは、直接会って話すに限る!」
これまで、このように実践してきた人にとっては、直接会わずに意思疎通を図る“オンラインコミュニケーション”に対して、違和感を持ってしまわれるかもしれません。
とはいっても、コロナがきっかけで生まれた、新しいコミュニケーションの常識は、「はなれて、つながる」です。
つまりオンラインコミュニケーションは、必要不可欠ということになります。
オンラインコミュケーションには、電話や、インターネットを介したメールやスカイプ、ZOOMなどがあります。
まず、電話。これは、声によるコミュニケーション。
そして、メールやチャット、LINEなどは、文字によるコミュニケーション。
それから、映像によるコミュニケーションは、マイクやカメラを使って行います。

非対面コミュニケーション(オンラインコミュニケーション)の反対である、対面コミュニケーション(オフラインコミュニケーション)は、直接会って意思疎通を図るため、表情や声、そしてそこから感じとれる感情や空気感などなど、相互理解ための情報が多くあります。

【コミュニケーションに笑顔が欠かせないわけ】
ところで、スマイルコミュニケーションとは…。
それは、笑顔をともなったコミュニケーションにより相手に友好のメッセージを届け、安心感を与えるのとともにに、信頼を得る…というものです。

電話など、声だけのコミュニケーションに欠かせない笑声(えごえ)。笑顔でなければ、笑声(えごえ)を発することはできません。
また、メールなど文字によるコミュニケーションをとる場合、相手との関係性や送るシーンにもよりますが、感情を伝える絵文字などを添えて表現することも多々あります。
もちろん、画面を通してコミュニケーションをとる場合も同じです。
カメラの向こう側の人との良好な人間関係をつくるために、意識するしないにかかわらず「笑顔」になっていませんか?
加速的に普及するオンラインコミュニケーション。
そして、さらに重要度を増すオフラインコミュニケーション。
良好な人間関係を育むために大切なことは、いずれのコミュニケーションにおいても、基本は「笑顔」です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP